新着アイテムカテゴリー別一覧 カラコンのローヤルレンズ トップスタイルブックセール
マイページ発送方法について注意事項利用案内お買い物ガイドCONTACTお買い物カゴ
後払い.com お友達紹介キャンペーン 新規会員登録で500ポイント
カラーサーチ  ブラック ブラウン グレイ ブルー バイオレット グリーン ピンク サークル レッド



使用上のよくある質問
Q&A
Q:コンタクトレンズに目が慣れるまで、どの位かかるの?

A:個人差はありますが、一般的に1~2週間位です。


Q:目の上でコンタクトレンズが動くように感じるけど大丈夫?

A:コンタクトレンズは、目の上で涙の層の上に乗り、浮いたような状態になっているので、まばたきなどによってわずかに動きます。そのため、目の上でレンズはまばたきの度に動くのは正しい状態です。(※ただし、レンズが角膜(黒目の部分)から大きくずれてしまうような状態は動きすぎなので、お近くの眼科に相談してください。)


Q:コンタクトレンズをしている上から目薬をさしてもいいですか?

A:装用中に乾燥感を感じる時には、防腐剤を含まない人口涙液を使用するのがいいでしょう。ソフトコンタクトレンズでその他の目薬を使用する場合は、薬の成分がレンズに浸透し、変形や変色したり、レンズに残留した薬の成分が目に影響を与えたりすることもあるので注意が必要です。(※薬局にも置いてあるので、聞いてみましょう。)


Q:コンタクトレンズを着けたまま眠っても平気?仮眠程度でもコンタクトレンズを外す必要はあるの?

A:眼科医による検査を受け、連続装用の許可を得たハードコンタクトレンズ以外は、コンタクトレンズを着けたまま眠ることはできません。眠っている間も角膜は酸素を必要をしているため、昼寝や短時間の仮眠程度であってもコンタクトレンズは外しましょう。※連続装用とは、夜眠っている間もつけたままにしておく装用方法です。


Q:コンタクトレンズを入れている時、目にゴミが入ったらどうしたらいいですか?

A:すぐにレンズを外してケア用品の液で軽くすすぎ洗いをしてから目に入れ直してください。時々、レンズをなめて目に入れる、という話を耳にしますが、目に雑菌が繁殖する恐れがありますので絶対に行わないでください。
また、緊急時にいつでもレンズを外して保管できるよう、レンズケースをいつも必ず持ち歩きましょう。


Q:コンタクトレンズは、お化粧の前・お化粧の後?どちらにつけたらいいですか?

A:コンタクトレンズを着ける前にお化粧をすると、手や目の周りについたマスカラやアイシャドウがレンズに付着する恐れがあるので、コンタクトレンズはお化粧をする前に清潔な手で着けるようにしてください。
 マスカラなど強い油性のものがレンズに付着すると特に落ちにくいので、レンズの取り扱い時にも十分注意するようにしてください。もしレンズに化粧新が付着してしまったら、すぐに専用のケア用品で力を入れずに丁寧にこすり洗いをしてください。
 どうしても落ちない場合は、新しいレンズに交換してください。


Q:海やプールで泳ぐ時、コンタクトレンズを着けたままでも大丈夫ですか?

A:水泳中にコンタクトレンズを着けていると、水でレンズが流されてしまったり、海水の塩分やプールの水に含まれる消毒剤などがレンズに悪影響を与えたりすることがありますので泳ぐ時は外すことをおすすめします。
また泳いだ後の目は、コンタクトレンズを着けない状態でも病気の原因となる雑菌が繁殖しやすくなるので、数時間おいてから着けるようにしてください。


Q:レンズの使用期間はまだ先なのにレンズがゴロゴロするのですが?

A:コンタクレンズの使用期間はあくまでも目安です。レンズの寿命はお手入れの仕方やお取り扱いの方法によって、レンズの寿命に差が出てきます。タンパク除去をし毎日お手入れしているのに。装用感が悪い場合は目に結膜炎などの炎症を起こしていたり、体の調子が悪い場合も装用感が悪く感じられます。その際はお近くの眼科での検診をおすすめいたします。

Q:友達が使っていたレンズをもらっても大丈夫?

A:自分以外の人が使用していたレンズを使うのはやめましょう。
目の感染症までももらってしまう場合があります。ケアをしっかりやっているレンズでも感染する場合がありますので、自分が使用したレンズは最後まで自分で持っておきましょう。


Q:コンタクトレンズは目に悪いのでは?

A:正しく使用していただければ安全です。
コンタクトレンズは医療現場での臓器移植にも使われている、人間の体が生理的に適合する(拒絶反応を引き起こさない)素材を採用しています。
当店のオリジナルレンズにも採用されており、日本人の眸の平均カーブに合わせてベースカーブが決定され製造されていますが、個人差によりカーブが合わない場合、装用間が悪く、長時間の使用ができなかったりします。また、結膜炎などの炎症を起こしていたり、身体の調子が悪い場合も装用感が悪く感じます。
その際は、お近くの眼科での検診をおすすめいたします。


Q:カラーコンタクトをすると視力が悪くなりますか?

A:カラーコンタクトが原因で視力が低下することはありませんが、印刷部分の面積が大きいレンズは黒目にもかぶり、視界が悪くなるので注意が必要です。また、昼間や明るい場所では平気でも、暗い場所や夜になると、瞳孔(黒目)が開き、視界が印刷部分にかぶる面積が多くなるので視界が極端に悪くなります。

カラーコンタクトを装用中の車やバイク、自転車の夜間運転は最も危険ですので、必ず外してください!


Q:コンタクトレンズが目の裏側に入って取れなくなったりしますか?

A:人間の目の奥は、袋状の行き止まりになっているので、構造的にもレンズが目の真裏に入り込んでしまうことはありません。


Q:着色直径って何?

A:着色直径とはカラーコンタクトレンズに印刷されているカラーの大きさのことです。当店では利用者の方に分かりやすくするために、レンズを平らに潰して測るので、瞳が黒目がちに大きく見えるレンズほど、DIA(レンズ直径)より着色直径のサイズの方が大きくなります。


Q:外国製のコンタクトレンズは大丈夫なの?

A:現在、日本で販売されているコンタクトレンズのおよそ9割が海外メーカーによって製造されています。コンタクトの製造特許、パテントはほとんど海外メーカーのものです。残念ながら、日本のメーカーは海外のメーカーに製造を依頼せざるを得ないのが実情です。日本で製造させているコンタクトは現在、ハードコンタクト・O2コンタクト・ソフトコンタクトの一部のみです。カラーコンタクトにいたっては、国内で製造させている日本製のレンズはありません。※お手元のパッケージをご確認ください。

Q:永久カラコンは売っていますか?

A:どのメーカーのレンズも永久に使えるレンズは存在しません。商品によりレンズの寿命はそれぞれ異なります。例え使用期間が6ヶ月と記載されていてもそれは最長6ヶ月ということであり、お手入れの仕方やお取り扱いの方法によってレンズの寿命に差が出てきます。消耗してきたレンズは、変形や汚れの蓄積により視力や装用感が極端に悪くなります。また、最悪の場合は角膜に傷が付くことがあります。


Q:あんまり使っていないから試用期間を過ぎて使っても大丈夫?

A:コンタクトレンズは開封から決められた使用期間(あくまでも目安)で装用してください。あまり使っていなくても、コンタクトレンズは食品と同じ生ものなので汚れて消耗します。劣化したレンズは目に悪影響を及ぼしますので、あまり使用していなくても、安全のために期間を守ってください。お手入れの仕方やお取り扱いの方法によって、レンズの寿命に差が出てきます。最適な保管状況であれば、未開封レンズは2~3年間は保存可能です。お使いのレンズの使用説明書をよくご覧ください。


Q:自分の度数はどうしたら分かりますか?

A:現在コンタクトレンズをお使いの場合は、外箱などに【PW:数値】が書かれていますので、その数値が度数をなります。また度数が分からない場合は眼科検査で度数を処方してもらってください。※メガネの度数とコンタクトの度数は異なります。

Q:時間が経つとレンズが曇ってくるのはナゼ?

A:コンタクトレンズの多くの汚れは涙によって汚れます。個人差で涙の量が多い方はその分レンズも汚れやすいので、毎日のお手入れやこまめに目薬をすることによって、レンズの曇りを防ぐことができます。

Q:レンズは1日何時間していいの?

A:8時間が目安です。目が乾く方は頻繁に涙液型目薬を点眼してください。それでも乾いて辛い場合は安全のために無理をせず外してください。初めての方の装着時間は初日4時間から初めて、毎日1時間ずつ慣れしてください。

Q:ちょっとすると目が痛くなってしまうのはどうして?

A:装用感が悪く感じる場合は色々な原因が考えられます。
すぐに装用を中止してください。
初期不良の場合は返品・交換が可能です。その際、現品が必ず必要になりますので、破棄せずお早目にご連絡ください。レンズを入念に調べさせていただき、今後の品質向上に役立たせていただきます。ご協力お願いいたします。
レンズを外しても症状の改善がみられない場合や、その他の症状がみられた場合は、眼科医にご相談ください。


Q:保存液の中に透明な欠片みたいなゴミが発生。消毒保存をしても消えませんがこれは何ですか?

A:涙液汚れとカビの可能性があります。使用しないでください。
カビは1日で爆発的に繁殖します。カビが繁殖するとレンズの奥まで根を張り、いくらこすっても消毒しても取れません。使用しないで破棄してください。1回使用したら、≪こすり洗い+タンパク除去≫をして、湿気のない場所で保管してください。連続して使わない場合は冷蔵庫での保管をおすすめいたします。


Q:カラコンは安全ですか?

A:当店の商品は全て安全性が確認できた商品です。
取扱商品全てがISO(世界140ヶ国が加盟している品質管理システム)や、CE(ヨーロッパ連合加盟国の公的機関が医療器具とどの製品に対し、厳しい医療基準で安全性や有効性を認定する安全マーク)を取得しています。
また2005年8月~2005年12月に、独立行政法人 国民生活センターが実験を行いましたが、安全性が確認されております。
安全・安心にお使いいただくためにも、眼科での検診を行い、当店で必ず添付している使用上の注意をよく読んで、無理なくご使用ください。


Q:眼科での検査はどれくらいの間隔で受ければいいの?

A:眼科検診は3ヶ月に1回の間隔で受診することをおすすめしています。


Q:コンタクトは初めてだけど度数が分からないのですがどうすればいいの?

A:初めてコンタクトレンズを購入する場合は、必ず事前に眼科での診察を受けてください。視力検査で分かる数値とは異なり、ご自身の度数、BC(ベースカーブ)数値は眼科にて検査しなければ分かりません。またその後も定期的に眼科検診を受けるようにしてください。
※メガネの度数とコンタクトの度数は異なります。


Q:レンズケアとは何ですか?

A:1日使い捨て(1回限り)のコンタクトレンズ以外は、レンズを外して次に装用するまでの間にケアが必要です。洗浄・すすぎ・消毒・保存があります。それらをまとめてレンズケアといいます。

Q:レンズケアどうして毎日必要なの?

A:特にソフトコンタクトレンズは素材に水分を含んでいるため、目に装用すると汚れが付着しやすく、そのまま装用し続けると雑菌が繁殖して感染症を引き起こすこともあります。目の障害を防ぐためにも、毎日きちんとレンズケアを行い、レンズを清潔に保つことが大切です。

Q:レンズの表面につく汚れは何ですか?

A:主に目の分泌物に含まれるタンパク質、脂肪、糖類、塩類などや、空気中のホコリや煙、花粉、化粧品、手の汚れなどが自然に付着します。また雑菌やカビなどが進入することもあります。擦り洗いをし、タンパク除去剤を使用することで、レンズ表面の汚れの固着えお防ぐことができます。

Q:タンパク除去とは何ですか?
A:コンタクトレンズの汚れの中で最もやっかいなのがタンパク質の汚れです。
◆日数が経つにつれて装用感が悪くなってきた。
◆午後になると、目が乾いて目薬の回数が増える。
◆夕方になると、レンズが曇って視界がぼやける。
◆夜、レンズが目にくっついてなかなか取れない。

このような不具合はほとんどの場合、きちんとタンパク除去を行うことによって快適さを取り戻すことができるのです。
定期的にタンパク除去を行うことをおすすめします。

Q:レンズを汚れたまま装用するとどうなりますか?

A:レンズが曇ったり、目がゴロゴロしたりすることがあります。また、目にさまざまな病気を引き起こす要因になります。汚れがレンズに付着したままにすると、汚れが固着し、そのレンズを使用することで角膜の表面が傷付いたり、アレルギー性結膜炎を起こしたりする可能性があります。目の健康のために、レンズケアは毎日正しく行い、清潔に保つことが大切です。

Q:レンズケア水道水で行ってもいいですか?

A:ソフトコンタクトレンズのケアに水道水や精製水(真水)は使用できません。水に含まれている成分が、レンズに影響を及ぼす可能性があります。また真水はレンズを浸透圧が異なるため、レンズが変形し、破損の原因になりますのでレンズに適した保存液を必ず使用してください。

Q:レンズ用品は何を使っても同じですか?

A:同じではありません。レンズとご自身に合ったケア用品を使用してください。迷った場合はお気軽にご相談ください。

Q:レンズケースも洗ったほうがいいですか?

A:はい。コンタクトレンズ装用後、流水で毎日レンズケースも洗いましょう。雑菌の繁殖を防ぐためにも必ず自然乾燥させてください。

Q:レンズケースは定期的に交換したほうがいいですか?

A:はい。レンズケースを交換せずに定期的に使い続けると、ケース内で雑菌を含む微生物の膜(バイオフィルム)が形成され、それを感染源として感染症を引き起こす可能性があります。当店では両眼2枚購入していただくと、レンズケースをプレゼントさせていただいているのでそちらをお使いください。(一部商品を除く)



表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件